「俺聞け11」に参加してきた


ちょうど一週間前、「俺聞け」というイベントに参加してきた。
タイトル通り、プレゼンテーターが語りたいことを15分ずつ発表する、というもの。

11回目で、参加した人のTwitterとかFacebookの反応を見ていて、行ってみたいと思ったがなかなか行けず、初参加。

技術系のみの発表と思っていたら、日本語の話から漫画家による発表、うらなんばについてなどなど、他分野で多彩で、期待以上に面白かった。

そして、運営が素晴らしかった。

以下は、特に私の印象に残ったことのメモです。他にもプレゼンはありましたし、書いてないけどためになったことはたくさんありましたが、あしからず。

■オープニングセッション「はじめに」
主催者より。プレゼンテータを気遣ってあげてくださいね、笑うと思われるところでは笑う、とか。この辺、場をあたためるというような意味合いもありそう。

■Yelpで街遊びを楽しもう!
Yelpのコミュニティマネジャーより。Yelpは、地図と連携したお店の口コミサイト。日本では食べログキラーなんて言われているけど、飲食だけでなく、お店全般が対象となっている。街歩きだとかのリアルイベントなんかもやっている。自分が好きだと思うお店を同じく好きと思う人とつながれるのは楽しいかもしれない。ちょっとやってみようかと思った。

食べログにも、良質の口コミを書くユーザにはVIPという称号が与えられるらしいが、Yelpは Yelp Eliteと呼ぶらしい。かなり直球。

プラットフォーム競争時代では、アプリケーションが優れていること、ユーザを獲得することに加え、アクティブで良質のコンテンツを生み出す、魅力的なユーザを獲得することが重要で、そこを各サービスが競っている模様。

ただ、自己顕示欲を煽る方向はちょっと嫌だなと思った。

■斜め上からのうつ病の治し方
今回の収穫1。数年間にわたり、自身のうつの治療のために、何百冊の本と英語論文も読み、様々なことを実験した結論は、”腸”だったという。これは私もわかる。体感として、胃がきりきりする、ということはなくて、腸のあたりにずしーんとくる、というのがある。高麗人参がいいらしい。試してみようと思った。

また、自分の健康について実験する、という精神は今読んでいる、「技法以前 べてるの家のつくりかた」で紹介されている当事者研究に近いと思った。

研究・実験というと、対象がネガティブであっても、前向きな気持ちになれる。人生いつだって、研究・実験、という気もする。

■新米パパを支える技術
子供ができて、さあ、どうやって子育てに向き合ったらいいか、という話では全くなかった。
最近のハードのガジェットを駆使したマニアの話。
iPhoneについているiBeaconで近づいたら電球がつくなんて序の口(実際は、かなり遠くから反応するために実用性はないらしいが)。
郵便置けに、音を感知するセンサーを仕込み、その情報をWifi経由でネットサービスIFTTTに送ってスマホに通知するなど。

ハードウェアのキットがあるのだが、これはレゴみたいなもんで、音や動き、物理的な接触などを感知するモジュールと、Wifiで送るモジュールをカチッとつなげると、簡単にIoTキットができてしまう。しかし、この人凄すぎでした。

■これまでの日本語の話をしよう
面白かったがうまくかけない。
Globish・・簡易な英語というのがあって、日本語にも海外から移住してきた人など向けに「やさしい日本語」という枠組みを弘前大学が発表しているらしい。

■これからのブラウザゲームの話をしよう
ゲームのコントローラからの入力をブラウザが取得できる仕組みが実装されつつあるらしい。
プレゼンは昔のファミコンのPRGの画面に似せて作られていた。
上に絵があって、下にあの、会話調でちょっとずつ文字が出てくる。

これだと普通のプレゼンより読んでしまう。一つには、慣れというのもあると思うが、ゲームというのは没入するように徹底的に考えられているものなので、動いている一部のみに集中させることで読み手の集中力を得ているのかもしれない。

ちなみに、MicrosoftがWindowsXPを撲滅させるために作った言うゲームを実演していたが、これは本気で、面白かった。

■Aribabaで買い物をしてみた話
安くて、「ちゃんと届く」らしい。
一番面白いと思ったのは、中国から送られてくるのに送料は無料らしい。
その代り、船便なので、いつ届くかわからないということ。

■パソコンでマンガを描いてみたら幸せになった話
ものすごい面白かった。昔は、背景から全部手で塗っていたんだと。消すときに力加減を間違えば破ってしまうこともあったと。で、今やソフトができて本当に簡単になりましたよ、という話。

なぜ、漫画家がここにと思ったら、会場と同じ建物内でもあるコワーキングスペースのメンバーである縁だという。コワーキングスペースの成り立ちを考えると、IT系の分野特にウェブの世界で、いろいろなツールがそろったため、一人でもかなりをカバーできるようになって、極端な話、一人ですべての工程をやることもできるようになったという背景があると思う。

それは漫画も一緒で、ITツールが発展して、アシスタントが寝泊まりして、ということがあまり必要でなくなって、それで一人だと寂しいし(というだけでないと思うが)、ということでコワーキングスペースを借りる、というパターンも成り立つようだ。

■食いしん坊ねこ「まめ太」について
お土産を食べて漫画のレビューを書きつづけ、すでに記事数が200を超えたという話。
いろいろな人がいるものです。

◆謎解きゲーム
懇親会の途中で、謎解きゲームが始まった。
私は、フリーペーパーSCRAPを創刊の頃からクオリティ高いと思っていたし、編集長だった加藤氏のブログはその当時からずっとRSSで読んでいるくらいファンだが、しかし、この種のゲームは初めて。内容は、チームでパズルの組み合わせを解いていくというもの。

なんですが、自分のチームは答えに到達できず。

しかし、ここまで準備するとか、(デバッグもやったということ)、運営凄いです。
あと、ビールはクラフトビールも多くて、体調悪いのに飲んでしまったのですが、それも写真撮る前にきれいに並べたりしていて、おおーそこまでやるか、なるほどな、と思ったのでした。

次回も行きたいし、今度は何か発表してみたいと思った。