ヘルシンキで電車に乗る


ヘルシンキから、リトアニアの首都ヴィリニュスまで飛行機で移動した。空港から市内までの行きはバスだったので、列車に乗ってみたいと思い、市内から空港まで列車で移動することにした。
P_20160803_073434

AIRPORT行きは2台停車していて、そのうちの一台に乗ったのだが、なかなか出発しない。なんだか車内がそわそわしてきて、何人かがもう一方の方の電車に乗った。向こうが先に出発するのかもしれない。しばらくして、さらに何人かが浮足立って外に出たが、もう一台は行ってしまった。

隣の席の地元民と思しき女性はどうぜず、その隣の旅慣れバックパッカーっぽい男は、せいぜい10分の違いだろ、と言っている。時間に余裕があるし、こっちでかまわないだろう、と。それは同意見だった。

しばらくして、隣にまたAIRPORT行きが止まる。まさか、向こうが先に出るってことはないよね、という空気が流れる。

が、またしばらくして人が動き出す。隣の女性が言うには、この車輛には運転手がいないらしい。??よくあることなのか。

ともかく隣の電車に移る。駅の係と思しき女性は元いた電車の車内を見渡して、こっちに来るように誘導している。放送はない。

そうしているうちに、もとの車輌を残して出発し、無事、空港に到着。

P_20160803_073529