街歩きメモ:コペンハーゲン


ストックホルムから電車で5時間ほどでコペンハーゲンに着く。


New photo by 中尾泰治 / Google Photos

コペンハーゲンの第一印象は自転車。駅のホームから階段を登るとそこは公道で、自転車が大量に止めてある。大抵の場所で、自転車の走るレーンが歩道と同じくらいとられていて、そこをたくさんの自転車が走っていく。歩く人より自転車のほうが多いのではと思ったのも少なくない。

幼児を載せるカゴを引く、または前にくっつけて走っているのも多い。どちらも、道がある程度広くないと怖くて無理だろう。バルト三国やスウェーデン、フィンランドでも見かけたが、数からしてコペンハーゲンが圧倒的だった。東京もこうなったらいいのに。と思う。

街は、ストックホルムよりも雑多で、人通りの多い道ではブランド店も多く、東京やたぶん、世界中の大都市と近い。でも、古い建物が多く、煉瓦造りであったり、きれいな外観の色が多い。


New photo by 中尾泰治 / Google Photos

お店の雰囲気もストックホルム、フィンランド、バルト三国(と言ってもほとんど旧市街地しか見ていないが)の方がおしゃれなお店が多かった気がする。

ただ、雑貨屋で気になるお店は多い。また、ギャラリーも多く、アートが盛ん、という印象があった。

海が入り込んでいて、運河というのだろうかが街に入り込んでいる。夕方、たくさんの人が、そこで過ごす。なにかイベントがあるわけでないが、たくさんの人がごったがいし、ビールなんかを飲んでまったりしている。

ボートや船も出ている。貸しのモーター付きボート?の上で酒盛りをしている。泳いでいる人もいる。

ある美術金の特別展は日本をテーマにしたものだった。信楽焼の説明で、最近、デンマーク人の何人かも移り住んでいるらしい。陶磁器も多く、なんとなく、全体に日本と近いデザインも多い気がした。

日が暮れてゆく。ちなみに20時過ぎなのだが。今回の旅の国の中では南の方なので、これでも早い方だ。


コペンハーゲン / Google Photos